【結婚調査】婚前に結婚相手を調べる方法と料金相場

結婚は、人生で最も幸せなイベントの1つです。
しかし、「この人と結婚して本当に大丈夫なのだろうか?」という気持ちは多くの人が抱くでしょう。

 

そんな時は、探偵に結婚調査を依頼するのがおすすめです。
事前に結婚相手の情報を調べれば、結婚すべきかどうかを冷静に判断できます。

 

ここでは、結婚調査の内容や料金相場について見ていきましょう。

結婚調査はやったほうがいいの?

結婚調査に関する公的な統計はない。しかし心配するのが普通

現在、どの程度の人が結婚調査を行っているかという公的な統計はありません。
ただ、結婚調査という発想にたどり着くかどうかはともかく、結婚に一定の不安を抱く人は決して少なくないでしょう。
「この人で本当に大丈夫か?」という疑問を抱くのは自然なことだからです。
本人はもちろん、家族にも同じことがいえるでしょう。

 

また、お見合い結婚をした人なら「釣書(つりがき、つりしょ)」を提出したことがあるかもしれません。
これは一種のプロフィールカードで、住所氏名や経歴、趣味、家族構成などを書いたものです。
最近は提出しないケースも増えていますが、昔は当たり前に行われていました。

 

このように、結婚においてお互いの素性を明らかにするのは、まったくおかしくないことなのです。
相手に不審な点があるにも関わらず結婚を強行すれば、結婚後にトラブルを招き、離婚に発展してしまうかもしれません。
そのような事態を回避するためにも、結婚調査は有効なのです。

結婚調査でわかること

結婚調査では、勤務先や異性関係、素行、経済状況などを調べる

結婚調査は、主に尾行や聞き込みによってターゲットの身辺を調査します。具体的にどのようなことを調べるのでしょうか。

氏名、住所、家族構成など

このような点でさえ嘘をついている人はいます。
実は相手が結婚詐欺師だったとか、遊びのつもりだったとかいう場合です。
最初から本気で結婚するつもりがないわけですから、論外もいいところでしょう。

 

また、本人が真面目な人でも、家族の素行に問題があるケースもあります。

勤務先、職歴、学歴など

相手に見栄を張ろうとして、嘘の勤務先や学歴を教えてしまうことは珍しくありません。
特に水商売関係の人は、自分の仕事を恥ずかしく感じ、本当のことを言い出せないケースも多いようです。
一定の配慮が必要でしょう。

配偶者の有無、異性関係

複数の異性と交際し、その一方と婚約しておきながら、もう一方との関係を続けているケースは存在します。

 

特にひどいのは、配偶者がいることを隠していたケースです。
本人としては、今の配偶者と何とかして別れるつもりだったのかもしれませんが、重大な裏切りであることに変わりはありません。

経済状況、借金の有無、会社の業績

結婚生活は愛だけでは成り立ちません。
まともな収入源がなく借金まみれになっている人と結婚すれば、結婚生活は暗いものになるでしょう。
将来のことを考えるなら、会社の業績なども気にする必要があります。

 

本人が会社を経営している場合は特に重要です。

素行、趣味趣向、裏の性格、周囲の評判

結婚相手の趣味がギャンブルや風俗通いだとわかれば、結婚前に極力やめさせておくべきでしょう。

 

酒癖が悪いとか、簡単に他人に暴力をふるうとかいった性格面の問題も突き止める必要があります。

 

夕方以降の尾行や、周囲の人たちへの聞き込みが有効です。

犯罪歴、過激な政治団体・宗教団体・反社会的勢力とのつながり

最も警戒が必要なのはこれです。
家族や親族をも巻き込む大きなトラブルになる可能性がありますから、できる限り結婚前に明らかにしなければなりません。

結婚調査の料金相場

結婚調査は長引きやすい。内容を絞って料金を抑えよう

結婚前調査は、浮気調査・素行調査・身辺調査などの複合的な調査を行うため、調査期間が長くなる傾向にあります。
その分、料金も高くなりがちなのです。

 

住所や勤務先、家族構成などの調査は比較的簡単なので、15万円から20万円程度ですみます。

 

しかし、ターゲットの行動パターンをすべて把握したければ、平日・休日ともに張り付かなければなりません。
最低でも1週間は調査を行わなければならないでしょう。
その場合の料金は、40万円から50万円といったところです。

 

さらに、ターゲットの家族1人1人の勤務先や素行まで調べる場合は、100万円を超えてしまうことも珍しくありません。
あまり何でも調べようとすると、結婚生活を控えているにも関わらず大金を使ってしまうことになります。
これでは本末転倒ですから、ある程度調査の内容を限定するべきでしょう。

 

結婚調査の前には、家族や探偵と十分に相談を行い、調査内容の優先順位をつけるのがおすすめです。
最も重要な内容だけに絞って調査をすれば、金額はそれほどかさみません。
「何を心配しているのか?」「相手のどこに不信感を抱いているのか?」をはっきりさせるようにしましょう。

まとめ - 幸せな結婚生活のためにも結婚調査を検討しよう

結婚調査は、真剣に結婚を考えているからこそ行うものです。
「相手のことを信頼しているなら調査などするべきではない」と主張する人もいますが、婚約者に隠し事をしているケースは珍しいものではありません。
幸せな結婚生活を送るためにも、不安を感じたら結婚調査を行うべきでしょう。
正式に婚約する前に、ぜひ調査を依頼してみてください。

おすすめ探偵厳選3社<全国対応>

原一探偵事務所

原一

  • 弁護士事務所がおこなう探偵事務所
  • 1日あたり25万円(3名で12時間)
  • 調査時間が16時間以上の場合と、調査員1人あたりの金額が半額に
  • 長期間の調査には断然お得!

無料申込

響・Agent

響エージェント

  • 弁護士事務所がおこなう探偵事務所
  • 1日あたり25万円(3名で12時間)
  • 調査時間が16時間以上の場合と、調査員1人あたりの金額が半額に
  • 長期間の調査には断然お得!

無料相談

HAL探偵社

HAL

  • 完全後払い・成功報酬制を採用
  • 失敗した場合は料金無料

無料申込み