素行調査の料金 - 料金相場と調査費用を安く抑えるコツ

素行調査とは、ある人物の普段の行動(素の行動)を調べる調査項目です。
浮気調査に代表される探偵事務所ですが、本来は素行調査を最も得意としており、浮気調査も素行調査の範囲に入っています。

 

つまり、探偵は浮気調査に限らず、普段の行動を調べるなら、大抵の依頼をこなせるということです。
事実、探偵事務所には浮気だけでなく、怪しい人物の普段の行動を調べてくれと様々な依頼が舞い込んでいます。

素行調査の料金相場は1時間1〜2万円

素行調査の料金の相場は1時間1〜2万円となっています。
この相場は浮気調査とまったく同じですが、その理由は浮気調査は素行調査と同じ方法で調査するからです。

素行調査の大半は人件費

素行調査の大半は人件費となっています。
探偵事務所の調査は現場に出る人数が何人かによって大きく変わります。
ただし、素行調査では最低2名での調査が基本となっています。

 

現場で最低でも2名必要な調査として有名なのはやはり浮気調査ですが、素行調査でも同じです。
尾行中でのローテーション、張り込みの交代や見張るドアの数、緊急のトラブルに対応するためにも、どうしても最低2名の調査員が必要となります。

調査期間で費用がかわる

調査期間が延びれば延びるほど依頼費用は高くなります。

 

素行調査全般は、その項目の一つである浮気調査に比べて調査期間が延びやすいと言われています。
期間が延びてしまうのは、素行調査ではかなり複雑な事情をはらむ案件も扱うからです。

 

例えばギャンブル癖を調べるような調査の場合、対象者がどれ位の頻度でパチンコや競馬場に行くのか調べるため、1週間2週間と調査期間が延びてしまうことがあります。

 

また、聞き込みや潜入調査も必要となる場面もあり、浮気調査比べれば調査の手間もかかりやすくなるのです。

素行調査の費用を安くすませるには『怪しい行動を取りそうな日』を限定する

素行調査は浮気調査よりも費用がかかりやすく、なおかつ手間もかかります。
そこで、依頼時にはなるべく怪しい行動を取りそうな日について下調べをして、探偵への依頼日数を減らすようにすると良いでしょう。

ギャンブル依存の場合は退勤後と休日限定

勤務中にギャンブルに興じる人もいますが、そこまで熱中しているなら、退勤後や休日だけを集中的に狙って調査すると良いでしょう。

 

それでも調査期間が延びると感じる人は、本人の休日だけに限定して調査すると良いです。
ギャンブル依存症の人間は、自由な時間を与えられればすぐにギャンブルに走ります。
もし休日にパチンコも競馬もしていなければ、ギャンブル依存の可能性は極めて低いと判断できます。

勤務先を調べる場合は平日に1日12時間だけ行う

勤務先を調べるためには、ある特定の時間を毎日調査するよりも1日に絞り、その日朝7時から夜19時までの間を徹底的に調べたほうが効率的です。

 

もしも深夜帯の仕事が良そうされる場合は、少し期間を延ばして21〜22時まで延ばしても良いでしょう。このほうが、短い時間で調査日数を刻むよりも確実に結果が得られます。

交友関係を調べる場合はGPSを活用

社会の格差が広がるにつれ、友人と犯罪に関わっていないか調べる調査はここ数年で需要が増えています。

 

この場合、いつ、どんなタイミングで誰と会うか予想をたてにくいため、あらかじめGPSを仕掛けてから、相手が怪しい地点に移動した時にも調査を行ったほうが良いでしょう。

 

GPSでの調査は後追いになり、対象者が建物にはいる瞬間は逃してしまいますが、それでも毎日張り込みや尾行などの行動調査を続けるよりは遥かに費用対策になります。

まとめ

素行調査は料金が上がりやすい調査項目ですが、それでも工夫すれば確実に費用を抑えられます。
その方法は依頼内容により大きく異なるので、相談先の探偵事務所に予算を伝え、調査が可能なのか?どれだけ費用を削減できるのか尋ねてみると簡単に問題が解決できます。

おすすめ探偵厳選3社<全国対応>

原一探偵事務所

原一

  • 弁護士事務所がおこなう探偵事務所
  • 1日あたり25万円(3名で12時間)
  • 調査時間が16時間以上の場合と、調査員1人あたりの金額が半額に
  • 長期間の調査には断然お得!

無料申込

響・Agent

響エージェント

  • 弁護士事務所がおこなう探偵事務所
  • 1日あたり25万円(3名で12時間)
  • 調査時間が16時間以上の場合と、調査員1人あたりの金額が半額に
  • 長期間の調査には断然お得!

無料相談

HAL探偵社

HAL

  • 完全後払い・成功報酬制を採用
  • 失敗した場合は料金無料

無料申込み