浮気相手に復讐|不倫相手へのスカッとする仕返し2つの方法

浮気相手は貴方のパートナーを奪った相手。
その相手を許すことはまずできませんよね。

 

では、一体どんな方法で浮気相手への復讐を果たしているのか?その一例について詳しく解説します。

浮気相手に対して慰謝料を請求する

浮気をされた多くの人がおこなっているのが、浮気をした相手に対して慰謝料を請求するという方法です。

 

慰謝料請求は浮気をされた人間に認められた権利です。
浮気相手に慰謝料請求ができるのは、家庭崩壊を作った原因が浮気をした配偶者だけではなく、その浮気相手にもあると国が認めているからです。

 

浮気相手から慰謝料を請求するのは、あらゆる復讐方法の中でももっとも合理的で安全です。

浮気相手から慰謝料を請求した事例

 

多額の慰謝料請求に成功する

Aさんは探偵事務所に浮気調査を依頼し、その結果夫が浮気していることを知りました。

 

浮気をした相手は夫の元恋人。この事実がわかった時点でAさんは夫を追求しましたが、なんと離婚相談にまで発展。

 

浮気相手となった元恋人と生活をはじめると言い出したのです。

 

これに頭にきたAさんは探偵事務所から受けた取った浮気調査の報告書をもとに弁護士へ依頼。
浮気相手の女性は企業の代表を務めているお金持ちだったこと。
不貞行為の期間が長かったこともあり、浮気対する慰謝料請求は浮気相手から200万円近くを請求することができました。


社会的に制裁をしたケース

 

社会的制裁を加える

浮気相手の女に社会的制裁を加えたというケースもあります。

 

例えば、浮気相手の自宅がわからずに慰謝料請求を送る場合、会社にその請求書を送るという方法です。

 

慰謝料請求の請求書が会社に送り届けられれば、当然社内で問題になります。
しかも、会社に慰謝料請求を送るのは法律に違反しません。

 

これにより、浮気相手の女は会社を辞めることになりましたが、慰謝料請求を届けた本人はまったくの無傷ですみます。


浮気の復讐には不貞行為がとても重要

浮気の復讐を行うとなれば、相手にまずは浮気について認めさせなくては。

 

特に合法的に行うためには、相手が浮気について認めない限りはまず不可能です。

 

そのためには探偵事務所によって浮気調査を行うことが大切です。

 

探偵事務所に依頼して浮気調査を行えば、決定的な不貞行為の証拠を手に入れることができます。

 

これにより、探偵事務所に浮気調査を行うために誰でも一般的に多くの浮気調査を依頼することができます。

 

探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、これから行うであろう復讐の重要なアイテムとなります。

 

もし証拠が無ければ、まずは証拠を集めることからスタートしてください。

浮気の復讐はやり過ぎれば自分が危ない

浮気に対する復讐はやり過ぎれば自分に危険がおよびます。

 

この世にあるあらゆる復讐行為は、その大半が法律に反する行為となります。

 

多くの復讐は自らをも罰する事になります。
だからこそ復讐は無意味だと言われていますし、ネット上にある浮気の復讐劇といったものの大半はうのみにしてはいけません。

 

人が浮気に対する復讐を果たそうとすれば、暴力的になり、破滅的な方向に進むのは目に見えています。

 

また、他人から見ればスカっとした話であろうとも、結局本人にとっては無意味なものに終わることが多いです。

 

そんなことにならないよう、浮気で復讐をする場合には慰謝料請求など、明らかな対価が得られるものにすべきです。

 

目に見えて得られるメリットは、浮気によって傷ついた心を癒すだけでなく、明るい将来をつかむための足掛かりにもなるでしょう。