探偵に浮気調査を依頼しようと思ったきっかけ【事例紹介】

探偵に浮気調査を依頼しようと思っている人はとても沢山います。
しかも、その内容は人それぞれであり、様々な原因が切っ掛けとなっています。

 

ここでは、実際に浮気調査を探偵に依頼した人が、どのような理由で浮気調査を利用したのか?についてご紹介します。

浮気の疑いが晴れない時

浮気調査の相談をする切っ掛けとして最も多いのが浮気についての疑いが深くなった時です。
疑いを抱く切っ掛けは様々ですが、特に濃厚となるのが以下のような特徴が本人に見られたときです。

不審なLINEを見つけてしまった

浮気相手とLINEを行っていない人はもはや居ないと言って良いでしょう。
だからこそ、浮気を疑う人はまずLINEを調べますが、その場合に疑わしき文章や写真を見つけることになります。
しかし、得られた文章の殆どは決定的な証拠になりませんし、LINE:IDだけでは相手が何者か判断できません。
だからこそ浮気調査を依頼し、決定的な証拠と浮気相手について見つけるのです。

不審な別居をはじめた時

夫や妻がいきなり別居を申し出た場合、その動機が不鮮明で隠されていると思ったら、誰だって背後に浮気相手の存在を疑います。
ちなみに、別居中に交際した相手との性行為とは認められず、不貞行為とは認められません。
狡猾な人間ほどこの手を使って何の責任も受けずに離婚を成立させようとします。
また、この手の行動にでるのは女性よりも男性が多いです。

別居に至るまでに浮気の兆候がある

いくら狡猾な人間でも、浮気の兆候は簡単に隠せません。
しかし、冷酷で用心深い人間であるため、証拠はまず出てきません。
疑うことはできても、決定的な証拠が出てこないので、あとは探偵に頼むしかないという人が多いのです。

財産分与や親権の争いになった時

離婚に至ったしてまった時、財産分与や親権でもめるのは今や当然のことになってきました。
こんな時はもちろん弁護士に依頼をするものですが、それだけでは不十分な場合があります。
なぜなら、離婚を有利に進めるためには相手の非となる部分が絶対に必要です。

浮気の可能性があれば不貞行為の証拠が離婚を有利に進める材料となる

浮気の可能性があれば、不貞行為の証拠を手に入れることで離婚を有利に進められます。
また、慰謝料請求を拒むような場合も、財産分与の配分により受け入れる人も多いです。

浮気について確信を得てしまった時

最後に、依頼者にとって最もつらく、そして実際に多いケースを紹介します。

 

浮気について知ってしまった時、誰もが気が動転しますし、言い争いになることは少なくありません。
というより、大半の人は言い争いますし、感情的な人ほど興奮のあまり何をしでかすかわかりません。
そんな時ほど、探偵に依頼して証拠を手に入れようとする人がいます。

浮気についての証拠を掴むことで言い逃れをできなくする

浮気のショックのせいで探偵に相談した依頼者にとって大切なのは、慰謝料請求でも、離婚でもなく、とにかく証拠を掴んで浮気の言い逃れをさせないためです。

 

なぜなら、浮気のショックの大きさとは信頼の大きさに比例します。
それだけパートナーを愛しているからこそ探偵に依頼してでも証拠を掴もうとするのです。
言い逃れさえできなくさせれば、反省を促すことも、謝らすことも可能です。
また、浮気相手と別れさせることもかのうです。

 

つまり、依頼者は心の底で関係の修復を望んでいます。
だからこそ、探偵のような浮気調査のプロの力が必要となっているだけで、そのことに相談者も気が付いていないのです。

まとめ

浮気調査を依頼する状況はとても種類が多いのですが、それぞれの状況により、浮気調査の目的や方法も変わってきます。
また、当然費用についても変化します。気になる人は、まずは無料相談を使って話をしてみるだけでも良いでしょう。

おすすめ探偵厳選3社<全国対応>

原一探偵事務所

原一

  • 弁護士事務所がおこなう探偵事務所
  • 1日あたり25万円(3名で12時間)
  • 調査時間が16時間以上の場合と、調査員1人あたりの金額が半額に
  • 長期間の調査には断然お得!

無料申込

響・Agent

響エージェント

  • 弁護士事務所がおこなう探偵事務所
  • 1日あたり25万円(3名で12時間)
  • 調査時間が16時間以上の場合と、調査員1人あたりの金額が半額に
  • 長期間の調査には断然お得!

無料相談

HAL探偵社

HAL

  • 完全後払い・成功報酬制を採用
  • 失敗した場合は料金無料

無料申込み